ストウブ★ピコ・ココットを初めて使う時の注意点

先日買ったばかりの、ストウブ(STAUB)のピコ・ココット。
なんとなく、もったいなくて使えなかったのですが(←貧乏性・・・)
使わないと逆にもったいない、という事にハッと気付いて、さっそく本日デビューです!!(笑)

ストウブ 鍋

 

 

 

 

 

今日は、ストウブを初めて使う上で、やったこと、気付いた点を書きたいと思います。

初めて使う時に1番大切なのは、ルクルーゼのお鍋と同様に「油ならし」。
テフロン以外のお鍋は、少量の油でいきなりお肉などを焼いたら、
肉が底にこびり付きますよね(>_<)
初回からストウブの底を焦がしちゃったら、悲しすぎます。。
それを防ぐために、最初にしっかりと油ならしを行うことが大切です!

まずは、ストウブのお鍋の底に、大さじ1~2くらいの油を垂らして、
キッチンペーパーで底と側面に 丁寧に塗り込みました。
そして、取扱説明書には「弱火で焦げないように熱してください」とあったので、
キッチンタイマーを5分かけて、慎重にストウブを熱していきました。
残り15秒くらいの所で、油のグツグツが激しくなった気がしたので、火を止めました。
なんとなく、これ以上やったら焦げるんじゃないかと心配で・・・。
こういうタイミングって、自分の感覚だけじゃ頼りなくて、難しいですね^^;

お鍋が冷めたら、余分な油をキッチンペーパーで拭いて、油ならしは終了!
初めての時は、揚げ物を作れば、油ならしにもなっていいのかなー?(笑)
ストウブは、温度が下がりにくいので、少量の油で揚げ物がカラッと
揚がるらしいですね。
今度やってみようと思います!
ところで、初めてのストウブで何を作ろうか、悩んだのですが、
最近夏バテで胃腸が弱っているのもあって、さっぱりな和食に決定!

野菜の炊き合わせ」です♪

ストウブに、出汁と調味料を合わせ、大好きな野菜たちをどんどん並べていきます。
レンコン・里芋・にんじん・ごぼう・生しいたけ。味のアクセントに油あげも入れちゃいました。

ストウブ 野菜の煮物

 

 

 

 

 

 

 

22cmのピコ・ココットですが、我が家にはジャストサイズでした★
2人暮らしですが、こんな風に、2~3日分をまとめて作りおきしたい時にも、
便利なサイズです。
ちなみに、ストウブは、中身の量を6~7分目までにするのがいいらしいです。
それ以上入れてしまうと、吹きこぼれの原因になるとか。
吹きこぼれは、お鍋の外側の汚れの原因になるので、絶対避けたいですね。
サイズ選びで迷われている方は、その点も注意して、買われるといいと思います!

ぴったりと蓋をして、弱火にかけて、3~4分。
ぷーんと、野菜のいい香りがしてきました(≧▽≦)
13分頃に1度蓋を開けて、にんじんと里芋の火の通りを確認した後、
スナップエンドウを投入。 15分目で火を止めて、出来上がり~♪

ストウブ 野菜の炊き合わせ

 

 

 

 

 

 

 

出汁と調味料はごくごく少なめにして、蒸し野菜っぽく仕上げました。
本当に本当に、野菜が美味しい!!!
ぶっちゃけ言うと、にんじんは、あんまり好きではなくて、
”彩のため”だけに入れたのですが、 にんじんが、すっごく美味しかったんです(≧▽≦)

スナップエンドウ以外の野菜は、最初から同じタイミングでストウブに入れたのですが、
火の通りが、それぞれベストな状態で炊きあがりました!
ストウブ、すごいですっ(≧▽≦)
どれも激安スーパーで買った、安い野菜ばかりなのに、
最高に美味しい状態でいただけました♪

ちなみに、ルクルーゼに慣れていた私は、うっかり蓋のツマミを素手で触ってしまい、
アチチッとなりました(笑)
ストウブの蓋のツマミはニッケルメッキ製なので、熱々になります。
注意しなければ~!

次は何を作ろうかな~。お料理がちょっと楽しくなりそうな予感★
以上、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コレ↓可愛くないですか~?(^u^)v
楽天ポイントが貯まったら買いたいんですけど、待てない♪


  

カテゴリー: KITCHEN(キッチン), 雑貨   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。