コルビジェ・チューブダイビオン(LC6)のダイニングテーブル

今日は我が家のダイニングテーブルをご紹介します。ル・コルビジェのチューブダビオン(LC6)。
新居に入居した時に買ったので、使い始めて1年5か月くらいになります☆
コルビジェ チューブダビオン ダイニングテーブル

アメブロをいつも読んで下さってる方は、飽きるほどこの写真をご覧になってますね(笑)
ソファに次ぐ大物家具で、夫婦共に大好きなテーブルなので、しょっちゅう登場してます(^u^)♪

ところで、コルビジェのファンの方が上の写真を見たら、「え?それってコルビジェ??」って思うかも
しれませんね^^;
そうなんです、オリジナルのコルビジェ(横幅225cmのタイプ)はコチラ↓

フォルムがめちゃくちゃ美しい~!!(≧▽≦)  イイナ~
我が家のダイニングテーブルと、どこが違うかというと、横幅のサイズ!なんです。
コルビジェのオリジナルには無い、横幅160cmのサイズを購入しました。

我が家のリビング&ダイニングは、17畳弱。
225cmのダイニングテーブルなんて、とてもじゃないけど置けません(>_ そして、もう1つ小さいサイズの横幅180cmというのもあるのですが、
それすら結構大きくて、マンションの内覧会の時に、新聞紙を180cmに広げてイメージを作ってみたのですが、
ソファとの距離がすごく近くて、ちょっとバランス悪し・・・。置けなくはないけど。。。

で、結局、大塚家具で160cmのリプロダクト製品を作っていて、
だいぶフォルムが変わってしまうけど、それに落ち着きました。
(※有明の大塚家具には無かったけど、日本橋の大塚家具で展示されてました。)

コルビジェにこだわっていた訳では全然無いのですが、
少しでも部屋を広く見せるには、ガラステーブルがいいな~と思っておりまして、
いろんなショップを物色したのですが、デザイン的に1番気に入ったのがチューブダビオンでした。
テーブルの下のブラックチューブが、めちゃくちゃモダンでかっこいいです(≧▽≦)

天板の厚みは2cmあります。普通は1.5cmのタイプが多いと思うんですが、
大塚家具では、厚いガラス天板を大量にストックしていて、この厚みでも安く提供できるんだと
豪語していらっしゃいました(笑)
たしかに、2cmあるとかなり立派です。

天板の高さは調節が可能ですが、このガラス天板はすごく重たいので、
イスの高さに合うように、最初に設定して置いてもらうのがベストだと思います。

大塚家具に頼んで、テーブルの4本脚の裏にクッション材をつけてもらったのですが、
それがあれば、私でも楽にテーブルを動かすことができて、かなり便利です。
ダイニング照明とテーブルの位置を合わせたりするにも、ちょっと動かしたくなりますよね。
コルビジェ ダイニングテーブル チューブダビオン

横から見ると、こんな感じです。本当に、モダンでステキです。買って良かった(≧▽≦)

ちなみに、ガラスなので、テーブルマットを敷かないと指紋などが目立つと思います!
私はいつも、センターにマットを敷いて、各々ランチョンマットを敷いてます。
食後は全てのマットを取って、スポンジワイプで拭きあげると、さっぱり気持ちがイイ♪
せっかくのステキなガラステーブルですから、キレイに長持ちさせてあげなくちゃです。ガンバリマス。

ガラステーブルのいい所は、床の色を選ばないところ。どんな床でも、モダンな雰囲気にしてくれそうです。
そして、やはり圧迫感が無いので、部屋を広々と見せてくれるところ!これは大きなメリットです。
多少何かをこぼしても、ガラスなので拭けばキレイに落ちるし♪

傷をつけないか、だけが心配(笑)今のところ、順調です(^u^)

ちなみに、センターに置いているマットは、手作りしています。
芯を入れて塗った厚手のマットなので、ガラステーブルにはすごくいいです!(物を置いてもコツンと言わない。)
ぜひ、アメブロの記事もご参照くださいませ。(→IKEAの生地でテーブルランナー手作り )

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

☆180cmが8万円台を切りました↓ 安くなりましたね~♪


カテゴリー: FURNITURE(家具)   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。