洗濯機の泡立ちと洗浄力

我が家の洗濯機は、縦型洗濯機。日立のビートウォッシュというシリーズです。
結婚して暫くは、主人が使っていた1人暮らし用の洗濯機を使っていたので、
ビートウォッシュに買い換えてからは、もうすぐ丸5年になる所です。

日立 洗濯機 BEAT WASH

これを買う時は、お洒落感よりも、とにかく”洗濯物が沢山入る全自動洗濯機”。
そして、何故だか分からないけど、「洗濯機といえば日立」というイメージがあって、
家電ショップで、即効決めてしまいました(^▽^;)

それまで使っていた1人暮らし用の小さな洗濯機は、マイナーな海外メーカーの製品で、
なんと洗剤や柔軟剤を投入するケースが無かったんです!!ありえないですよねー!?
いつ柔軟剤を入れていたかというと、キッチンでタイマーをかけて、すすぎ2回目のタイミングに、
洗濯機の蓋を開けに行って、わざわざ入れていたんです。
最初のうちは、うっかりすすぎが終わっちゃったりして、失敗も多かったです。
今思うと、完全にアナログな世界でした・・・(-_-;)

そこから早く脱出したくて、主人には申し訳ないけど、「最近、少し洗濯機の調子が悪い」事を理由に、
新しい洗濯機を買いに走りました。使おうと思えばまだ使えたけど、ごめん!

ところで、このビートウォッシュを使い始めて、5年。
前から思ってた、疑問点があります。それは、泡立ち。
途中で蓋を開けて中を確認すると、全く泡立ってないんですよねー。
最初、粉末洗剤を使っていたんですが、洗剤が溶けきれずに、黒いTシャツに付着している事も多々あったし。
それが嫌で、今は液体洗剤に変えたのですが、本当にキレイに洗われているか、実感無し。
(大人2人暮らしだと、泥だらけの服を洗うわけでは無いので、ハッキリとは分からないですよね。)

で、先ほどネットで調べてみたら、最近の洗剤は、わざと泡立ちを抑えたものが多いとか。
排水を良くするためにも、泡は少ない方が洗濯機にも良いそうです。
泡立ちが悪くても、洗浄力には問題ないという事が分かり、少し安心。
ビートウォッシュの問題では無かったんですね。

ただ、主人は、「昔のアナログな洗濯機の方が、絶対キレイに洗えてた」と言い張るので、
試しに、液体洗剤をバケツでお湯に溶かして泡立て、
洗濯機の水が溜まり始めた頃に、入れてみたんです。
すると、白いタオルの仕上がりが、いつもよりキレイな気がするー!!
そして何より、柔軟剤の香りが倍増した気がするんですよ!!

前は、浴室乾燥で3時間くらい乾かすと、柔軟剤の香りが飛んでしまったりしたのですが、
今度はしっかりタオルに香りが残ってましたし(^◇^*)/

ちょうど、柔軟剤をレノアからソフランのアロマリッチに変えたこともあって、
それが良かったのかもしれませんが、、、
やっぱり多少、洗剤が泡立ったほうが洗浄力がアップして、柔軟剤の効果もアップするんじゃないのかしら・・・(笑)

大した手間ではないので、これから暫く、アナログで洗剤を投入しようと思ってます。

次に買おうと思っている洗濯機は、ブラックのドラム式なんですけど↓
パナソニック ナイトシリーズ 洗濯機

お洒落なブラックの洗濯機って、なかなか無いです。(>_< )
圧倒的にホワイトが人気ですよね~。でも、やっぱりブラックが欲しいな。。

今のところは、上写真のパナソニックのナイトシリーズか、日立のドラム式洗濯機↓
かっこいいO(≧▽≦)O

カテゴリー: HOME ELECTRONICS(家電)   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。