タグ別アーカイブ: ガラス

キッチンに☆シンプルなボトル

先日、六本木ヒルズでぶらぶらウィンドーショッピングをしていたところ、 BALSでシンプルなキッチンボトルを発見しました! コチラ、フロイドの「Obelisk Bottle」(オベリスク ボトル)です ↓ (※画像をお借りしています)   ワインボトルといった感じですが、ボトルキャップが4種類! どれもジュエリーみたいで、かわいい~O(≧▽≦)O この手のキッチンボトルは、コンランショップなどでも見かけますが、 クリスタルなのか、1万円超えだったりしてムリ! でも、BALSで売られていた、このボトルはなんと1,500円 。 手が届くお値段です~♪ 分厚いガラスなので、煮沸消毒もできます。   キッチンでオリーブオイルやサラダ油を入れてディスプレイしたり、 牛乳やジュース、ミネラルウォーターを入れてダイニングテーブルに置いてもステキ♪ ホテルライクな雰囲気に一目ぼれですーー(〃^∇^)   主人も珍しくノリノリで、2本買っちゃえば?なーんて言ってましたが、 とりあえず1本買って、使用感を確かめることに! ボトルキャップは、シンプルモダンなボール型(上写真の1番左側)にしました。 パッケージもモダンで、お友達にプレゼントしたら喜ばれるかもー。 さっそく、オレンジジュースを入れてみましたよ↓ 朝食時に、テーブルの上に出してグラスに注ぎたい♪ 想像するだけで、ステキな予感~(笑) 冷蔵庫のドアポケットにも、スムーズに入ったし、 もう1本、ヨーグルトジュース用に、買いたいなぁ・・♪   シンプルモダンなメッセージカードを中に入れて、好きな香水をシュッとかけて、 トイレなどにディスプレイしても可愛いかも☆ こういうステキなデザインのアイテムは、夢が膨らみますね~。 あ、ちなみに、容量は750ccです。 1,000cc入りだったら、もっと便利に使えたかな~。。   Obelisk Bottle/オベリスク ボトルFloyd/フロイドWINE … 続きを読む

カテゴリー: KITCHEN(キッチン), 雑貨 | タグ: , , | コメントをどうぞ

コルビジェ・チューブダイビオン(LC6)のダイニングテーブル

今日は我が家のダイニングテーブルをご紹介します。ル・コルビジェのチューブダビオン(LC6)。 新居に入居した時に買ったので、使い始めて1年5か月くらいになります☆ アメブロをいつも読んで下さってる方は、飽きるほどこの写真をご覧になってますね(笑) ソファに次ぐ大物家具で、夫婦共に大好きなテーブルなので、しょっちゅう登場してます(^u^)♪ ところで、コルビジェのファンの方が上の写真を見たら、「え?それってコルビジェ??」って思うかも しれませんね^^; そうなんです、オリジナルのコルビジェ(横幅225cmのタイプ)はコチラ↓ フォルムがめちゃくちゃ美しい~!!(≧▽≦)  イイナ~ 我が家のダイニングテーブルと、どこが違うかというと、横幅のサイズ!なんです。 コルビジェのオリジナルには無い、横幅160cmのサイズを購入しました。 我が家のリビング&ダイニングは、17畳弱。 225cmのダイニングテーブルなんて、とてもじゃないけど置けません(>_ そして、もう1つ小さいサイズの横幅180cmというのもあるのですが、 それすら結構大きくて、マンションの内覧会の時に、新聞紙を180cmに広げてイメージを作ってみたのですが、 ソファとの距離がすごく近くて、ちょっとバランス悪し・・・。置けなくはないけど。。。 で、結局、大塚家具で160cmのリプロダクト製品を作っていて、 だいぶフォルムが変わってしまうけど、それに落ち着きました。 (※有明の大塚家具には無かったけど、日本橋の大塚家具で展示されてました。) コルビジェにこだわっていた訳では全然無いのですが、 少しでも部屋を広く見せるには、ガラステーブルがいいな~と思っておりまして、 いろんなショップを物色したのですが、デザイン的に1番気に入ったのがチューブダビオンでした。 テーブルの下のブラックチューブが、めちゃくちゃモダンでかっこいいです(≧▽≦) 天板の厚みは2cmあります。普通は1.5cmのタイプが多いと思うんですが、 大塚家具では、厚いガラス天板を大量にストックしていて、この厚みでも安く提供できるんだと 豪語していらっしゃいました(笑) たしかに、2cmあるとかなり立派です。 天板の高さは調節が可能ですが、このガラス天板はすごく重たいので、 イスの高さに合うように、最初に設定して置いてもらうのがベストだと思います。 大塚家具に頼んで、テーブルの4本脚の裏にクッション材をつけてもらったのですが、 それがあれば、私でも楽にテーブルを動かすことができて、かなり便利です。 ダイニング照明とテーブルの位置を合わせたりするにも、ちょっと動かしたくなりますよね。 横から見ると、こんな感じです。本当に、モダンでステキです。買って良かった(≧▽≦) ちなみに、ガラスなので、テーブルマットを敷かないと指紋などが目立つと思います! 私はいつも、センターにマットを敷いて、各々ランチョンマットを敷いてます。 食後は全てのマットを取って、スポンジワイプで拭きあげると、さっぱり気持ちがイイ♪ せっかくのステキなガラステーブルですから、キレイに長持ちさせてあげなくちゃです。ガンバリマス。 ガラステーブルのいい所は、床の色を選ばないところ。どんな床でも、モダンな雰囲気にしてくれそうです。 そして、やはり圧迫感が無いので、部屋を広々と見せてくれるところ!これは大きなメリットです。 多少何かをこぼしても、ガラスなので拭けばキレイに落ちるし♪ … 続きを読む

カテゴリー: FURNITURE(家具) | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

ガラスのフラワーベース♪夏にぴったりな「水盤」 

今日は夏にぴったりな、お皿みたいなフラワーベースをご紹介します☆ この花器は「水盤」と呼ばれるもので、ガラス製のものはFranc Francなどの インテリアショップでよく見かけます。 日本では昔から、この水盤に浅く水を張って、季節の花や葉を浮かべたり、 石を敷き詰めてお花を生けたりと、古くから親しまれている器だそうです。 といっても、昔から使われている水盤は、陶器や金属で出来たもののようですが。 時代を越えても、変わらず人々に愛されている形。 特にガラス製の水盤は、シンプルモダンなお家インテリアにぴったりですね♪ アイビーなど可愛い形の葉っぱを差してみたり、 白い砂を底に敷いて、海で拾った思い出の貝殻を無造作に並べてもステキ☆ 今日は、こんな風に、アジサイのお花を差してみました↓ ご覧の通り、この水盤は、フラワーアレンジの技術が無くても使える逸品です(笑) 花瓶にお花を差すのって、コツを掴むまでちょっと難しいですよね。 でも、この器でしたら、難しい技術は全く必要ありません! まるで、そこにお花が生えているかのように、自然な形で差すだけで、 とてもステキに見えますよ☆ このアジサイは、実家のお庭からもらってきました♪ 6月生まれの私は、アジサイが大好きなんです。 特に、お花が完全に開く前の、赤ちゃんアジサイ。 ピンクや青のお花が開く前の、まだグリーン1色のアジサイは、 ピュアでモダンな感がするし、 この後どんな色に変るんだろうって、わくわくしませんか♪ 繊細で上品な室内のアクセントとなる逸品。44T406 水盤25 44T406 水盤25

カテゴリー: OTHER(その他) | タグ: , , , , | コメントをどうぞ