タグ別アーカイブ: ストウブ

3COINSでモダン食器

今日は、最近ひとめぼれしたお皿をご紹介させてください。 これは3COINSのお皿で、2枚で315円 ♪ ブラック×ホワイトのドット柄、まさにシンプルモダン~。 ポップだけど、合わせ方によっては、大人っぽくも使えそうです。 ドット柄は子供の頃から大好きですが、特に最近は大きめのドットが好きです。 こんな可愛いお皿が315円で買えるなんて★★★ もっと買い足そうかなー。 ついでに、カップも購入しました。でもこれ、すごく大きいんですよ~。 400mlのスープを入れて、ちょうどいい感じ(8分めくらいの量)。 MAX500ml入りました。 パスタスープやポトフなど、具がたっぷりのスープに使おうかなー♪ こういうパンチの効いた大柄のカップは、キッチンに飾ると いいアクセントになりますネ。 リビングから見える位置に飾ってみたら、とっても可愛い♪ ニヤニヤしながら、眺めております(笑) 今日のスープランチでお皿を使ってみました。 10cmのストウブに合わせて使うと、いい感じです~O(≧▽≦)O 残り野菜のスープに、バゲットとチーズをトッピングしただけの簡単ランチでしたが(^▽^;)、 食器が可愛いと、満足度が違います~。 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カテゴリー: 雑貨 | タグ: , , | コメントをどうぞ

ストウブ☆お米を炊いた後のお手入れ②(2011.10.12追記)

※2011.10.12追記記事は、下の方です。 本日、ストウブでまたお米を炊きました!2回目です。 初回は、お水の分量を少なめに炊いてしまった為、若干固めに仕上がったので、 今回は取扱説明書に従って、炊いてみました。(※2合のお米で360cc) 予想通り、とってもとっても、美味しく炊き上がりましたO(≧▽≦)O さすが、ストウブです♪♪ それと、水を多くしたせいか、お米が鍋底にくっつく量も全く違いました!! 今回は、10分蒸した直後、ごはんを軽く混ぜ合わせる時に、 鍋底からお米がキレイに剥がれました。 今日は手巻き寿司をしたので、食事を終えるまで1時間くらい掛かったのですが、 余ったお米をラップに包んだ後の鍋底はこんな感じ↓ 無理にしゃもじで剥がそうとすれば、もっと取れたかもしれないけど、 怖いので止めました(^▽^;) 前回は、もったいない位に残ってたけど、今回はだいぶマシです♪ そして、前回と同じようにストウブを水に浸けまして、 優しく指の腹でこすっていくと、この段階でかなりのお米が剥がれました! まだ残った部分は、5分水に浸けて優しくスポンジで擦ってみたら、楽に取れました。 前回は1時間も水に浸けましたが、5分くらいで取れたのかもしれませんね(^▽^;) お米ですものね(笑) 最初は、モノを大切にしすぎて、お手入れに時間を掛けすぎたり、 そのせいで十分に活用できなかったりする私です(-_-;) どうせその内、小さな傷など気にしなくなる性格なんですけどね~。 でも、やはり道具は、活用してこそ価値があるものですよね。 恐れずに、ストウブでいろんなメニューを作ってみたいと思いました♪ ストウブのレシピ本が欲しいな~☆ ☆☆☆2011.10.12追記☆☆☆ 追記の記事です。 3度目の炊飯では、ごはんをよそった後の鍋底はこの通り↓ ほぼキレイによそう事ができましたO(≧▽≦)O 炊飯初回時に残っていた米粒の量がウソのようです。。(笑) もったいなかったなー。 今回は、ストウブでササッとお米を洗い、手で適当に水を切り、 350ccのお水で30分浸水させてから炊き始めました。 手で適当に水を切ったので、お水を控えめにしましたが、 それでも2回目より水分が多かったのかな? あとは、食べ終わるのも早かったので、 お米が鍋底にへばり付く前に、お米をよそえたのも良かったのかも。 ともかく、今後ストウブでご飯を炊く時は、 このスタイルで炊いていこうと思います! しつこくネタにして、すみません(笑)

カテゴリー: KITCHEN(キッチン), 雑貨 | タグ: | コメントをどうぞ

ストウブ☆お米を炊いた後のお手入れ

昨日、初めてストウブでお米を炊きました!(その記事はコチラ→「祝☆ストウブでお米を炊きました」) 小心者の私は、ストウブの鍋底を焦がしてしまったらどうしよう、、という不安や、 炊き終わった後のお手入れはどんな風にやるのかな、という心配から、 なかなか踏み切れないでおりました。(^▽^;) 石橋を叩いて、なかなか渡れないタイプです・・・。 ネットで調べてみても、成功事例ばかりで焦がした人はいないし(笑)、 お米を食べきった後の鍋底がどんな風になっているのかを 写真でアップしているブログも見当たらなかったです。 そこで今回、思いきってストウブで炊飯に挑戦し、 私と同じように不安を抱えている方のために、 炊飯後の鍋底を公開したいと思います!! (←恩着せがましくて、すみません。) まず、お米を炊き終わってから、食事が終わって後片付けを始めるまで、約30分。 この間、ストウブはガステーブルの上で放置されていた事になりますが、 その時の写真がコチラ↓ 2合炊いて余ったお米を、ラップに包んだ後の写真です。かなりお米がストウブにへばり付いて、もったいないですね(^▽^;) お米を無理に剥がすと危険な雰囲気なので、水を張ってみました↓ そして、右手の指の腹で、やさしく円を描くように鍋底をいじっていると、 どんどんお米がストウブから剥がれていきました! くれぐれも、爪を立てないように、注意しました☆ 初回の炊飯でエマイユ加工を傷めたら、ショックで立ち直れません(汗) 3~4分、円を描いて洗い流したら、だいぶ落ちましたが、糊状になった箇所が残りました。 この部分は、それ以上指で洗っても、無理っぽかったです。 絶対ちゃんと落ちてよね~!という願いを込めて、再び水に漬けて1時間。 今度はスポンジで優しくこすっただけで、 見事に全て落ちてキレイになりましたーーO(≧▽≦)O 良かった~、無事です!(笑) ストウブでお米を炊くと、お焦げが出来るってことは、 鍋底も焦げちゃってるんじゃないのー?と心配でしたが、 すっかり元通りになったので安心! 1時間水に漬けてから洗うのは面倒なので、夫婦2人で食べきれる量だけ炊いて、 ご飯茶碗によそったら、すぐにストウブを水に漬けてしまえば、 お手入れが楽な気もしますね。 でも、主人がたまーに、ご飯をお代わりする事があるので、 その対策も練らねば・・・。 あ、なんだかこれから毎日ストウブでご飯を炊くモードになってますが、 炭炊きの炊飯器があるので、それも使わないともったいないですね(笑) でも、ストウブなら15分で美味しいお米が炊けるので、 病み付きになりそうですヾ(〃^∇^)ノ 今回、1時間ストウブを水に漬けましたが、もっと短縮できるか実験してみようと … 続きを読む

カテゴリー: KITCHEN(キッチン), 雑貨 | タグ: , | コメントをどうぞ

ストウブ★ピコ・ココットを初めて使う時の注意点

先日買ったばかりの、ストウブ(STAUB)のピコ・ココット。 なんとなく、もったいなくて使えなかったのですが(←貧乏性・・・) 使わないと逆にもったいない、という事にハッと気付いて、さっそく本日デビューです!!(笑)           今日は、ストウブを初めて使う上で、やったこと、気付いた点を書きたいと思います。 初めて使う時に1番大切なのは、ルクルーゼのお鍋と同様に「油ならし」。 テフロン以外のお鍋は、少量の油でいきなりお肉などを焼いたら、 肉が底にこびり付きますよね(>_<) 初回からストウブの底を焦がしちゃったら、悲しすぎます。。 それを防ぐために、最初にしっかりと油ならしを行うことが大切です! まずは、ストウブのお鍋の底に、大さじ1~2くらいの油を垂らして、 キッチンペーパーで底と側面に 丁寧に塗り込みました。 そして、取扱説明書には「弱火で焦げないように熱してください」とあったので、 キッチンタイマーを5分かけて、慎重にストウブを熱していきました。 残り15秒くらいの所で、油のグツグツが激しくなった気がしたので、火を止めました。 なんとなく、これ以上やったら焦げるんじゃないかと心配で・・・。 こういうタイミングって、自分の感覚だけじゃ頼りなくて、難しいですね^^; お鍋が冷めたら、余分な油をキッチンペーパーで拭いて、油ならしは終了! 初めての時は、揚げ物を作れば、油ならしにもなっていいのかなー?(笑) ストウブは、温度が下がりにくいので、少量の油で揚げ物がカラッと 揚がるらしいですね。 今度やってみようと思います! ところで、初めてのストウブで何を作ろうか、悩んだのですが、 最近夏バテで胃腸が弱っているのもあって、さっぱりな和食に決定! 野菜の炊き合わせ」です♪ ストウブに、出汁と調味料を合わせ、大好きな野菜たちをどんどん並べていきます。 レンコン・里芋・にんじん・ごぼう・生しいたけ。味のアクセントに油あげも入れちゃいました。               22cmのピコ・ココットですが、我が家にはジャストサイズでした★ … 続きを読む

カテゴリー: KITCHEN(キッチン), 雑貨 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

ストウブ★ピコ・ココットがお家にやってきた!

今年のお誕生日プレゼントに買ってもらったのは、初めてのストウブ♪ これまで6年間、 ルクルーゼのオーバルを愛用してきましたが、 お料理上手なブロガーさんがストウブを使った”ごちそう料理”を紹介されているのを 読んで、 数年前からずーっと憧れてきたんです(^u^) いつまで経っても「お料理1年生」の私には、ルクが1つで十分。 ストウブを買うなんて、贅沢だわ!と思っていましたが、 たまたま入ったストウブのショップで、店員さんから”ピコ・ココット”の説明を 受けているうちに、 すっかり欲しくなってしまいました^^; ルクがオーバル(楕円)型なので、ストウブはラウンド型で! ルクはオレンジ色なので、ストウブはブラックかグレーがいいかな~、と迷った末に、 グレーに決定♪ 若干、茶色みを帯びたグレーは、写真で見るよりも、ずっとずっと味があって ステキなんです(≧▽≦) じゃじゃん。ピコ・ココット・ラウンドです↓                   サイズは、22cmにしました。ご飯が3~4合炊ける大きさです。 20cmも候補に上がったのですが、値段がたいして変わらないので、 大きい方にしちゃいました! 店員さんに、私が2人暮らしだと言ったら、いろいろとストウブの使い方を 教えて下さったのですが、 22cmのピコ・ココットだったら、 チキン2枚の回りに野菜をたっぷり入れられるサイズだとか★ もう想像しただけで、ほっぺたが落ちちゃいそうです(笑) ストウブは、フランスの3つ星レストランで、最も多く使われているお鍋だそうですね。 店員さんによると、以前、プロのシェフがショップに買いに来たそうですよ~。 自宅用だと思いますけど、プロが使うお鍋だと思うと、期待に胸が膨らみます! (私はお料理1年生だけど。) ルクルーゼは、6年ほど使っていて、だいぶ底が茶色っぽくなってきてしまいました。 1度そうなったら、もう元には戻らないし、ルクの内側は白っぽい色なので、 … 続きを読む

カテゴリー: KITCHEN(キッチン), 雑貨 | タグ: , , , | コメントをどうぞ